船谷ホールディングス株式会社|三重県伊勢市の総合建設グループ

信頼の枝を広げる

船谷ホールディングス株式会社
信頼の枝をひろげる。

若木は枝を広げ、葉を茂らせます。
それは、いつしか大樹となることを夢見て、躍動する姿にも似て。
時に枝は折れ、若木は傷を負います。
それは、艱難辛苦に歯を食いしばり、堪え忍ぶ姿にも似て。
大きく伸びた枝は、人々の雨宿りとなります。
それは、ご縁をいただいた皆様に、深く感謝する姿にも似て。

140年を超える創業以来の歴史の中、事業を続けることができましたのは、お客様をはじめとして、
さまざまな方々のご愛顧、ご支援の賜物であると、心よりお礼申し上げます。

「信頼の枝をひろげる」
皆様とのご縁の中でいただいた信頼の枝を、
これからも大切に、広げていきたいと考えております。

1877年創業、140年を超える歴史。

明治10年3月11日。
三重縣伊勢國度會郡(現在の三重県伊勢市)において、材木問屋船谷吉松商店が創業します。
父である船谷音吉の退隠により、齢19歳にして家督を継いだ船谷吉松(きちまつ)が興した家業でした。
明治維新により近代の国家体制が構築されたとはいえ、まだ10年。

全国では士族の反乱が全国で相次ぎ、西郷隆盛を盟主にした西南戦争が勃発した年でもありました。
そんな混沌の渦の中、私たちはスタートしました。

お客様の期待に応える「枝(グループ企業)」。

時代の流れに即応するように、私たちはあらゆる事業展開を図ってまいりました。
それぞれの事業はグループ企業として形成され、総合力を発揮。
時代のニーズとお客様の期待にお応えしていくことのできる「信頼の枝」は確実に広がっています。

そして未来へ。

地域に育まれ、地域とともに成長してきた私たちだからこそ、果たすべき役割があります。
社会に。お客様に。そして社員のひとりひとりに。
企業として常に先進し、地域活性の一助となるために何をすべきか。
ご縁をいただいたお客様に、もっと喜んでいただくにはどうすればよいのか。
仕事を通じて、人生の意味を見つけ、本当の豊かさを得るためにできることは何なのか。
私たち船谷ホールディングスは、未来の大樹となるべく、これからも進んでまります。

きちまつくん

船谷ホールディングス株式会社
メインキャラクター きちまつくん

kichimatsu

お知らせ・新着情報

私たちと働きませんか?

私たち船谷ホールディングス株式会社は、設計・建設・建物管理を中心に、さまざまな事業展開を図っています。
常に新しい何かを模索し、提案し続ける企業として、意欲あふれる人材を求めています。